浄土宗 専念寺 トップイメージ

専念寺について

本尊薬師如来は、鎌倉権五郎景正ごんごろうかげまさの守本尊

 当寺は深谷山青陽院専念寺(しんこくざんせいよういんせんねんじ)と言い、元は鎌倉岩瀬にある大長寺の末寺でした。開山は大長寺と同じ鎮連社感誉存貞上人(ちんれんじゃかんよぞんてい)で、鎌倉権五郎景正(ごんごろうかげまさ)の祈願所として、康平五年(1062)に起立したと伝えられています。
 その後文治年間(1185~89)景正の末裔である梶原景時が再建し、福泉寺といって当時は真言宗でした。
 永禄年中(1558~69)住職であった長順法師が感誉存貞上人より浄土の教えを聴き、その素晴らしさに感銘し、以来浄土宗に改宗し、一心院専念寺と呼ばれていました。
 第八世専治(せんや)上人の代に、毛利大膳大夫網廣の息女吉子(17才)が、延宝元年(1673)11月に松平摂津守義行のもとへ嫁ぐのですが、二年後に早逝(そうせい)し、不憫に思った侍女が、追慕に絶えず自らも剃髪して貞忍と名乗り、その位牌を持って当寺に入ります。その法名を青陽院殿梅誉華屋春榮大信女と言い、現在の院号はこの法名より取られています。

本堂

阿弥陀如来坐像


専念寺では毎月一回「写経の会」を開催しております。
写経は経典を書写することですが、その目的は自らの信仰を深めるだけでなく、ご先祖の追善であったり、心願成就の祈りを込めて行う仏道修行です。
写経をして心を落ち着かせることで、日々のストレスを解消する効果もあるといわれています。

写経会

しゃきょうえ

毎月一回開催(7~8月はお休み)
参加費:300円 時間:13時から2,3時間程度
※開催日のお問い合わせはお電話ください

境内のご紹介

四角をクリックすると詳細がご覧いただけます。

境内マップ

ページの先頭に戻る