浄土宗 専念寺 法然上人

  1. ホーム
  2. お開帳

お開帳

十二年に一度、戌年に開扉かいひされる秘仏

 専念寺の本尊薬師如来は、鎌倉権五郎景正の守本尊で、目の病気に大変霊験あらたかな仏様として「深谷目薬師」の名で呼ばれ、近在に有名です。
普段は秘仏として宮殿の中に納められており、十二年に一度だけ開扉されてお参りすることができます。「お開帳」の名で親しまれている開扉法要は、十二年毎戌年の秋に開催されます。お開帳では、3つの法要「開白かいびゃく法要・日中法要・結願けちがん法要」がとり行われます。

当山には二体薬師如来坐像が安置されています。本尊は十二年に一度、戌年に開扉かいひされる秘仏ですから、通常は前立像が礼拝の対象として置かれています。
 本尊は、像高38cm、寄木造で玉眼をはめ、漆塗り。体部は量感があり、衣文も大きくゆったりし、作風から地方仏師の作と考えられます。
 前立像は、像高68cm、寄木造で体部は量感があるものの、本尊と比べると時代は下がりますが、それでも室町時代をさがることはないと考えられます。

専念寺のお開帳 和太鼓

専念寺のお開帳 行進

専念寺のお開帳 専念寺のお開帳 専念寺のお開帳
専念寺のお開帳 専念寺のお開帳 専念寺のお開帳

ページの先頭に戻る